トップ  >  御上陸の地  >  御上陸の地
越後の親鸞 
聖人の歩み越後での生活御上陸の地七不思議ご旧跡めぐり
御上陸の地
居多ヶ浜居多ケ浜記念堂居多神社五智国分寺本願寺国府別院国府光源寺浄興寺高田別院本覚坊新井別院恵信尼公廟所正念寺関山赤倉ホテル山寺薬師小黒専敬寺尾神嶽

「御上陸の地」 上越の史蹟について

 親鸞聖人は、承元元(1207)年35歳のときに朝廷より念仏の弾圧をうけ、ここ越後に流罪の身となられました。
 『親鸞聖人御一代記』によれば、聖人は、親不知の難所をこえて同年3月28日に居多ヶ浜に到着されています。
 赦免はそれから5年後のことですが、聖人は関東へ向かわれるまでの約7年間を越後で過ごされました。
 恵信尼公との結婚、そして越後での生活は、親鸞聖人の思想に深く影響しているとされています。また、聖人の足跡を求めてこの上越を訪ね歩くと、聖人の教えに触れ、念仏の教えに帰依してこられた多くの人々の歴史に感銘をうけずにはおられません。
 ここでは、聖人と恵信尼公のゆかりの地を紹介していきます。

 この取材に関しては、各寺院関係者と新潟親鸞学会、大場厚順氏のご協力をいただきました。
 深く感謝の意を表します。

参考図書:大場厚順著『越後の親鸞-史跡と伝説の旅』(新潟日報事業社)



1、居多ヶ浜



2、親鸞聖人御上陸の地,居多ケ浜記念堂


3、居多神社



4、五智国分寺(竹之内の草庵)


 5、本願寺国府別院(竹ヶ花草庵跡)


6、上野山 国府光源寺


7、歓喜踊躍山 浄興寺


8、高田別院

9、延命山 本覺坊


 10、新井別院


11、恵信尼公廟所


12、三葉勧学精舎 正念寺


13、関山神社・仏足石・石仏群

14、赤倉ホテル


 15、山寺薬師


16、小黒専敬寺


17、尾神嶽
尾神嶽

   
プリンタ用画面
カテゴリートップ
御上陸の地
次
居多ヶ浜

親鸞聖人750回御遠忌

メインメニュー
リンク

ソーシャル連携

XOOPS Cube PROJECT
真宗大谷派三条別院・三条教務所 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57 
別院電話 0256-33-0007・教務所電話 0256-33-2805・共通 FAX 0256-33-2847 
  Copyright (c) 2012 Sanjo Betsuin / Kyomusho. All rights reserved.