トップ  >  御上陸の地  >  本願寺国府別院
親鸞聖人御上陸の地
本願寺国府別院(竹ヶ花草庵跡)
本願寺国府別院(竹ヶ花草庵跡)
所在地 〒942-0082
上越市国府1-7-1 TEL025-543-2742
拝観日時 午前9時から午後5時まで 
アクセス 車:北陸自動車道上越I.C.あるいは上信越自動車道上越高田I.C.より国道8号線を富山方面へ国府交差点を右折(北方面)

電車:JR信越線直江津駅より2km
駐車場
拝観料 境内無料、本堂拝観は懇志
宗派 浄土真宗本願寺派
付近地図
グーグルマップ

由緒沿革
本願寺国府別院は、親鸞聖人が35歳の時に承元の法難により国府に流されたとき、最初に現国分寺境内の竹之内草庵で過ごされ、その後、念仏解禁により移り住まわれた竹ヶ前(たけがはな)草庵の地である。この草庵を足がかりに、妻である恵信尼公とともに、越後の人々とともに生き、念仏の教えを深めていかれた。現在は西本願寺の直属寺院である。
本堂は文化2(1805)年に建立されたもので、内陣は出内陣、正面同一須弥壇上に阿弥陀如来・親鸞聖人影像を並べて安置し、彫刻、極彩色の欄間天井等、親鸞聖人ご旧跡にふさわしい独特の結構様式である。

ご本堂 お内陣


プリンタ用画面
前
五智国分寺
カテゴリートップ
御上陸の地
次
国府光源寺

メインメニュー
リンク

ソーシャル連携

XOOPS Cube PROJECT
真宗大谷派三条別院・三条教務所 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57 
別院電話 0256-33-0007・教務所電話 0256-33-2805・共通 FAX 0256-33-2847 
  Copyright (c) 2012 Sanjo Betsuin / Kyomusho. All rights reserved.