トップ  >  御上陸の地  >  高田別院
越後の親鸞 
聖人の歩み越後での生活御上陸の地七不思議ご旧跡めぐり
御上陸の地
居多ヶ浜居多ケ浜記念堂居多神社五智国分寺本願寺国府別院国府光源寺浄興寺高田別院本覚坊新井別院恵信尼公廟所正念寺関山赤倉ホテル山寺薬師小黒専敬寺尾神嶽
親鸞聖人御上陸の地 高田別院
高田別院
所在地 〒943-0892
上越市寺町2丁目24-4 TEL025-523-2465
拝観日時 午前9時から午後5時まで(説明を聞きたい場合には、連絡が必要)
アクセス 車:北陸自動車道上越I.C.あるいは上信越自動車道上越高田I.C.より国道18号線を (高田駅近く)

電車:JR信越線駅より1.5km、駅よりタクシー2分
駐車場 あり
宗 派   真宗大谷派
その他 ホームページ : http://www.takadabetuin.himenokuni.com/
メールアドレ ス: takadabe@amber.plala.or.jp
付近地図
グーグルマップ

由緒沿革
高田別院の前身である高田掛所は、本願寺第17代真如上人の時代、享保15(1730)年に8年間に及ぶ門徒たちの嘆願によって、寺社奉行から設立が許可された。掛所設置に尽力した真宗寺の借地に、高田城主榊原政永に寄進された土地をあわせて境内地とした。
元文2(1737)年東西14間半、南北15間の本堂など伽藍が完成するが、4度の火災にあい、そのたびに再建された。明治2(1869)年に掛所から別院へと改称。
平成10(1998)年に出火し、本堂、山門、納骨堂を残し、庫裡などを焼失。
平成13(2001)年に保育園を社会福祉法人高田大谷保育園とするとともに園舎を再建した。
また、平成16(2004)年10月7日に高田別院会館再建と本堂御修復落慶法要が執り行われた。



プリンタ用画面
前
浄興寺
カテゴリートップ
御上陸の地
次
本覚坊

親鸞聖人750回御遠忌

メインメニュー
リンク

ソーシャル連携

XOOPS Cube PROJECT
真宗大谷派三条別院・三条教務所 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57 
別院電話 0256-33-0007・教務所電話 0256-33-2805・共通 FAX 0256-33-2847 
  Copyright (c) 2012 Sanjo Betsuin / Kyomusho. All rights reserved.