トップ  >  七不思議  >  小島の八房梅と珠数掛桜ご旧跡
越後の親鸞 
聖人の歩み越後での生活御上陸の地七不思議ご旧跡めぐり
七不思議
逆竹焼鮒焼鮒円盤三度栗八房の梅/数珠掛桜御名号繋ぎ榧・片葉の葦 
小島の八房梅と珠数掛桜ご旧跡

浄土真宗本願寺派 八房山梅護寺
所在地 〒959-2146 阿賀野市(旧 北蒲原郡京ヶ瀬村)小島 ・0250-67-2915
拝観日 事前予約が望ましい
拝観時間 午前9時から午後5時まで
アクセス ・車利用の場合  磐越道新津I.C.を降り、阿賀浦橋を渡り、586号へ右折し、阿賀野川を右手にみて進むと看板がある。公営駐車場下車、徒歩2分
・電車利用の場合 新潟駅から新津駅下車、新津駅からタクシーで15分、2000円程度
駐車場 公営駐車場
拝観志 300円
パンフレット 開花状況は、阿賀野市のホームページでチェックできます。(桜の開花は5月連休くらい/梅の開花は4月上旬、結実は5月中旬)
宝物 十字梅の名号(親鸞聖人御真筆)
聖人開基蓮位房連座の九字名号(親鸞聖人御真筆)
六字名号(八代蓮如上人御真筆)
親鸞聖人等身御真影(三方正面真向の絵像(聖人83歳のお姿))
親鸞聖人御腰掛御真影像(三世覚如上人御作の木像)
三十五光明御本尊(三世覚如上人御筆)
自然石六字尊号(南無阿弥陀仏の六字がある石(親不知から出土))
付近地図


 冬には水原の瓢湖でたくさんの白鳥を見ることができる。
豪農の館北方文化博物館や、月岡温泉へ観光の足をのばすこともできる。


グーグルマップ

由緒沿革へ


プリンタ用画面
前
三度栗ご旧跡 由緒沿革
カテゴリートップ
七不思議
次
小島の八房梅と珠数掛桜ご旧跡 由緒沿革

メインメニュー
リンク

ソーシャル連携

XOOPS Cube PROJECT
真宗大谷派三条別院・三条教務所 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57 
別院電話 0256-33-0007・教務所電話 0256-33-2805・共通 FAX 0256-33-2847 
  Copyright (c) 2012 Sanjo Betsuin / Kyomusho. All rights reserved.