トップ  >  お内仏のお給仕  >  平常時のお荘厳
仏事 
真宗の仏事お内仏のお給仕よくある質問
お内仏のお給仕

お内仏について│平常の荘厳│報恩講・年忌法要等の荘厳印刷用PDF

平常時のお荘厳(しょうごん)

※説明の為一部写真を加工しています

写真内の番号や下記表をクリックすると詳細情報にリンクします

1 ご本尊
2 お脇掛(右)
3 お脇掛(左)
4 法名軸
5 金灯籠
6 輪灯
7 上卓
8 前卓
9 〈りん・れい〉
10 経机
11 御文箱

☆ほこり等がたまらないように、お掃除をしましょう。
☆朝夕に正信偈のお勤めをしましょう。

1、ご本尊〈ほんぞん〉
阿弥陀如来立像〈あみだにょらいりつぞう〉をお掛けします。

※ご本尊は本山〈ほんざん〉からお受けしましょう。
  (お手次の寺院にご相談ください)
上に戻る

2、お脇掛〈わきがけ〉(右)
「歸命盡十方無碍光如来
〈きみょうじんじっぽうむげこうにょらい〉
     (十字名号〈じゅうじみょうごう〉
または「親鸞聖人〈しんらんしょうにん〉」の御影〈ごえい〉をお掛けします。

※お脇掛は本山からお受けしましょう。
  (お手次の寺院にご相談ください)

上に戻る

3、お脇掛〈わきがけ〉(左)
「南無不可思議光如来
〈なむふかしぎこうにょらい〉
     (九字名号〈くじみょうごう〉
または「蓮如上人〈れんにょしょうにん〉」の御影〈ごえい〉をお掛けします。

※お脇掛は本山からお受けしましょう。
上に戻る

4、法名軸〈ほうみょうじく〉
左 合幅〈がっぷく〉  右 一人用
お内仏の左右の側面にお掛けします。
先祖代々お敬いする法名がたくさんある場合、数多くの法名を記載できるように仕立てた合幅〈がっぷく〉の法名軸や折本式の過去帳を用いることもあります。
位牌をおかざりの方は法名軸や過去帳にいたしましょう。

過去帳と台
上に戻る

5、金灯籠〈きんとうろう〉
ご本尊を明るく照らすために点〈とも〉します。
上に戻る

6、輪灯〈りんとう〉と  
輪灯〈りんとう〉 左右に天井より吊り下げ、勤行〈ごんぎょう〉時に点〈とも〉します。
瓔珞〈ようらく〉 輪灯の笠の上に吊るす飾り。報恩講〈ほうおんこう〉等の 法要の時に用います。
平常の場合の輪灯 報恩講等の法要の場合、
輪灯上に瓔珞〈ようらく〉が飾られる
上に戻る

7、上卓〈うわじょく〉
火舎香炉〈かしゃごうろ〉、華瓶〈けびょう〉、仏器〈ぶっき〉を置きます。
火舎香炉〈かしゃごうろ〉
 三本足の一本を手前に向けて置きます。
華瓶〈けびょう〉
水をおそなえる器〈うつわ〉
水が腐りにくいように樒〈しきみ〉又は青葉をさします。
仏器〈ぶっき〉と盛槽〈もっそう〉
お仏供〈ぶく〉(お仏飯)を蓮の実をかたどり円筒形に盛って、おそなえる器。
お脇掛〈わきがけ〉が親鸞聖人、蓮如上人の御影〈ごえい〉の場合は、その前にもおそなえします。
朝の勤行〈ごんぎょう〉の後おそなえし、正午におさげします。
左 仏器と盛槽
右 盛槽を使っての盛り方
上に戻る

8、前卓〈まえじょく〉
通常の荘厳〈しょうごん〉の場合、中央に土香炉〈どごうろ〉、向かって左に花瓶〈かひん〉、右に鶴亀〈つるかめ〉の燭台〈しょくだい〉をかざります。
花瓶〈かひん〉
四季折々の花をさします。刺のある木・花は用いません。
土香炉〈どごうろ〉
お香をたく器〈うつわ〉。線香は立てずに適当な長さに折り、横にねかせます。
鶴亀〈つるかめ〉の燭台〈しょくだい〉
蝋燭〈ろうそく〉を立てます。
ともさないときは朱ぬりの木製蝋燭(木蝋〈もくろう〉)を立てておきます。
上に戻る

9、鈴〈りん〉
勤行のときに打ちます。勤行のとき以外は打ちません。撥〈ばち〉は勤行時以外は、鈴の中におさめておきます。
上に戻る

11、御文箱〈おふみばこ〉
御文〈おふみ〉(蓮如上人のお手紙)を収める箱
上に戻る

お内仏トップへ   報恩講・年忌法要等のお荘厳へ
ご本尊 お脇掛(右) お脇掛(左) 法名軸 金灯籠 輪灯 上卓 前卓 鈴〈りん・れい 御文箱 法名軸
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:203 平均点:6.70
カテゴリートップ
お内仏のお給仕
次
お内仏のお給仕

メインメニュー
リンク

ソーシャル連携

XOOPS Cube PROJECT
真宗大谷派三条別院・三条教務所 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57 
別院電話 0256-33-0007・教務所電話 0256-33-2805・共通 FAX 0256-33-2847 
  Copyright (c) 2012 Sanjo Betsuin / Kyomusho. All rights reserved.