トップ  >  よくある質問  >  よくある質問
仏事 
真宗の仏事お内仏のお給仕よくある質問
よくある質問

質問 答え
葬儀をつとめる意義とは何ですか?  葬儀は、家族や親しかった人たちの死に出会うことで、今の日常が永遠であるかのように思いこんでいる私たちが、実はあっけなくはかない命を生きているのだということを学ぶ大切な儀式です。
 亡くなっていかれた人たちへの心配りはもちろんのことですが、むしろ亡くなっていかれた人たちからわたしたちに「生きること、死ぬことの問題」を問いかけてくださっていることに気づくご縁です。
清め塩って必要?  「死」にかかわることを「穢れ(ケガレ)」として、葬儀の後に「お清め」の塩をまく習慣があります。
 しかし、死の穢れを清めるということであるならば、亡くなった方や葬儀そのものが穢れということになってしまいます。大切なひとが亡くなった途端に穢れとなってしまうなんて悲しいことです。
 仏教では死を穢れとは考えません。ですから葬儀において清め塩は必要ありません。
 仏教では「生死一如(しょうじいちにょ)」といって生と死を切り離して考えません。 「死もまた我等なり」と受け止めることこそ、人間としての生き方だと示されています。
「友引」って何?  「友引にお葬式をしてはいけない」と言うことをよく聞きます。
 「死んだ人が友を引いてあの世につれていく」というふうに考えられてしまったようですが、そもそも「友引」とは中国から渡ってきた暦において「引き分け」とか「勝負なし」を意味したもので、仏教とは全く関係のない言葉なのです。
 ただ、友引を定休日とする火葬場が多いので、その日の葬儀はできなくなっているということが多いようです。
 「吉良日を視ることを得ざれ」という親鸞聖人の言葉があります。日の善し悪しにとらわれない人生を仏様の教えにたずねていきたいものです。
法事をつとめる意義とは何ですか?  法事は、故人をしのぶとともに自らも仏さまの教えを聞く行事です。亡くなっていかれた方々から、わたしたちは何を願われ、何が問いかけられているのかを考え、私までつながってきたいのちに感謝をする仏事です。
 三回忌、七回忌等、その節目節目を大切な仏さまの教えを聞くご縁として行います。
真宗で慰霊はしますか?  慰霊というのは、死んだ人や動物の霊を慰めることですが、そもそも真宗では霊魂の存在を認めていません。ですから、亡き人に対して「慰霊」というようなことは一切いたしません。
 「慰霊」ということの中には、私たちに障り(さわり)がないよう、安らかに眠ってほしいという思いがあるのでしょう。
 真宗では、鎮めなければならない霊魂ではなく、いのち終えると同時に浄土に還(かえ)って仏さまとしておられるといただいています。
墓石の文字  お墓を単なるお骨を納める場所で終わらせるのではなく、わたしたちの先祖代々と共にご本尊である阿弥陀如来へお参りするという意味からも、墓石の正面には「南無阿弥陀仏」の六字の名号や「倶会一処(くえいっしょ)」(ともに一つのところで会う)等の仏語(仏さまの教えを表す言葉)を刻みます。
数珠の意味と使い方を教えてください。  数珠・念珠ともいい、仏教による礼拝にはかかせない法具です。
 古代インドのバラモン教で用いられ、2~3世紀になって、仏教に取り入れられるようになったようです。
 「木■(木へんに患)子経<もくげんしきょう>」には「心の迷いを消そうと一思うなら、木■(木へんに患)子の種108個を糸に通して、行住坐臥、身に付けて仏、法、僧の名を唱えよ」と述べています。
 数珠は合掌の時以外は左手に持っています。合掌時には両手に数珠を通し親指の付根で押さえます。
 一輪の数珠は、親玉と房は真下に、二輪のものは親玉を親指のところではさみ、房は左手に垂らします。
 正座をして背すじを伸ばし、両手を合わせて自然にみぞおちのあたりに手首の部分が当たるようにし、指はすき間を開けずに閉じると美しい合掌の姿となります。
※■は木患(木へんに患)です。
焼香の作法を教えてください。  焼香は仏事作法のひとつです。香のかおりを「仏の教え」としていただき、このかおりがどこまでも漂い広がっていくように、「仏の教え」が障りなく、平等にゆきわたることを意味します。

焼香の作法

1,焼香卓を前にして、身を正し、御本尊を仰ぎ見て軽く頭をさげます。
2,右手で香盒の蓋を取り、、右側に置きます。
3,香盒の中の香を右手でつまみ、香炉の炭に薫じます。これを2回おこないます。香を頭上に頂くなどの動作はしません。
4,右手の指で香盒内の香の乱れをなおし、蓋をします。
5,手に数珠をかけて、心静かに合掌し念仏をとなえます。
6,軽く頭を下げ、自席に戻ります。
仏壇を新しく購入したいのですが、時期はいつでもいいのでしょうか。  まだ、亡くなった家族が居ないので仏壇はいらないとか、年忌法事など何もない時に仏壇を入れ替えることはよくないなどと言われる人がいますが、そのようなことはありません。
 真宗門徒は仏壇のことを「お内仏(家庭内の持仏堂)」といいます。お内仏は人間が生きるうえでの拠りどころです。
 日頃の生活を重ねて行くうえで、自分の浅はかな思いを中心に生きるのか、その前に仏法に自らの生きる方向を確かめながら生きることを中心にするのかを考えたいものです。
 購入の時期ですが、お内仏ですから思い立った時が購入時期です。年忌の有る無しにこだわる必要は何もありません。
 ただし、人切な身内の方を亡くされたり、法事などの仏事を営むことを大切な仏縁として仏壇やお墓を購入されるということも、新たな聞法生活のステップとして意義深いことであると思います。
本尊はどこにお願いすればいいのでしょうか。  ご本尊は、本山(東本願寺)よりお受けいたします。
 大きさや表装の種類などの選択をしていただく必要がありますので、お手次の真宗寺院か三条教務所(0256-33-2805)までご相談ください。
 ご安置する際は、中央にご本尊・阿弥陀如来、両脇にお脇掛(九字・十字の名号、または親鸞聖人・蓮如上人の御影)の三幅です。
お寺さんには仏壇の「開眼」をお願いしなければいけませんか。  真宗では開眼といわず御移徙<ごいし>といいます。
あるいは「おわたまし」ともいい、ご木尊を新しくお迎えする入仏の儀式として大切なものです。
 寺院では本堂落慶法要として盛大に執り行ないます。
 一般家庭においても手次の住職をお招きし、新たにお迎えしたご本尊の前で共にお勤めをして、ご住職より、これからはご本尊を中心に生活をしていくための心得をお聞きすることが大切だと思います。
お墓をたてたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。  先ず、お手次の寺院にご相談ください。手次寺に墓地があり、墓をたてることが可能であるなら一番でしょう。
 次に、手次寺がない場合は、最寄の真宗寺院にご相談ください。近隣の墓所を紹介してもらうのもいいでしょう。
このコーナーではご質問をお待ちしております。
目頃、仏事について疑問に思っていることがありましたら、気軽にご質問ください。
可能な範囲でお答えいたします。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:124 平均点:7.10
カテゴリートップ
よくある質問

メインメニュー
リンク

ソーシャル連携

XOOPS Cube PROJECT
真宗大谷派三条別院・三条教務所 〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目1-57 
別院電話 0256-33-0007・教務所電話 0256-33-2805・共通 FAX 0256-33-2847 
  Copyright (c) 2012 Sanjo Betsuin / Kyomusho. All rights reserved.