三条別院定例法話会のご案内(5月~7月)

毎月13日の前門首のご命日(両度の命日)に行っている定例法話会を下記の通り開催いたします。改装された旧御堂での開催となります。どたなでもご参加いただけますので、有縁の方をお誘いあわせの上、ぜひご来院ください。

5~7月は「宗祖御遠忌御木像調査」をテーマにお2人の講師にご法話いただきます。

◇日 時 毎月13日  ※8月、1月は除く

午後1時30分より(1時間程度)

◇場 所 三条別院 旧御堂

◇講 師

5~6月【5/13(金)、6/13(月)】

村山 教二 氏(長岡市 願興寺)

◆5~6月は、40年間真宗寺院調査を行い、蓮如上人500回御遠忌 蓮如上人法宝物調査スタッフ、宗祖親鸞聖人750回御遠忌 親鸞聖人御木像調査スタッフとして活躍され、昨年2015年に出版された『越後佐渡の親鸞聖人と蓮如上人』の編集スタッフとして執筆された村山教二氏に全2回ご法話いただきます。長年にわたる真宗史研究と宗祖御遠忌御木像調査を中心にお話いただく予定です。

※『越後佐渡の親鸞聖人と蓮如上人』をテキストとしますので、聴講の際はご持参ください。(三条教務所で購入できます。当日販売もいたします。)

7月【7/13(水)】

松岡 誠一 氏(仏像文化財修復工房)

◆7月は、仏像文化財修復工房代表として多数の仏像を修復され、この度の宗祖親鸞聖人750回御遠忌 親鸞聖人御木像調査スタッフとして参加、『越後佐渡の親鸞聖人と蓮如上人』の執筆をされた松岡誠一氏にご法話いただきます。現在も仏像修復の現場で活躍されている松岡氏からこの度の御木像調査についてお話しいただきます。

※『越後佐渡の親鸞聖人と蓮如上人』をテキストとしますので聴講の際はご持参ください。(三条教務所で購入できます。当日販売もいたします。)

お2人の自身の経験に基づいた貴重なお話をしていただきます。歴史に興味のある方は是非お越しください。

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。